ホームページを作るならSSL対応のhttpsで始まるURLにしましょう

SSLとかhttpsというワードをご存じですか?ホームページを作るときに「SSL対応にするとセキュリティにいい」とか言われてきたものなのですが、最近ではSEO効果を高めるためには「SSL対応しておいた方がいいかも」という風潮になりつつあります。

簡単な用語解説:SSL…https…ってなんですか?

SSLとかhttpsとかそもそも、なんですか?という疑問を持たれるかもしれないので簡単な用語解説をします。

SSLはSecure Sockets Layerの略称で、パソコンとWebサーバー間の通信を暗号化することで第3者にデータを盗み見られたり、改ざんされることを防ぐ方法のことです。

httpsとは、ホームページをブラウザで見るときの通信プロトコル http を SSL を利用して表示するときのものです。

今までですと通常は、非SSLでhttpで始まるURLのホームページになっていると思います。

SSL化するとGoogle検索に有利になる?

ホームページを作ったとき、ほとんどの方が「多くの人に見てもらいたい」「Googleでの検索結果で上位表示させたい」と思われていると思います。

その場合、重要なのはGoogleでの検索順位です。そのGoogleはSSL化を推奨しています。

ウェブマスター向け公式ブログ HTTPS をランキング シグナルに使用します

というブログにあるように ランキングシグナル=順位付けの要因 にhttpsかどうかを利用する、ということを発表しています。ブログの内容を見ると

このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。全体的に見ると、このシグナルは良質なコンテンツであるといった、その他のシグナルほどウェイトは大きくありません。

と、あるように今すぐの影響はそれほど大きくはない(けど影響はある)ということです。検索結果の順位は「良質なコンテンツである」ということの方が優先順位に関係するけれど、同じぐらいの良質なコンテンツ同士であればSSL化されたホームページの方が上に行くということにもなるかと思われます。

SSL化したページはどのように見える?

たとえば ゆうそうとITブログ はSSL化しているので

Chromeブラウザではこのように「鍵のマーク」が表示され、暗号化されているということがわかります。

他のブラウザでも

Edge

Firefox

このように鍵のマークが表示されて、暗号化されていることが一目でわかるようになっています。

SSL化するにはいくらかかるのか?

それではSSL化するにはいくらかかるのか?ということになりますが、数年前まではSSL化するには多くの場合、「SSLのサーバー証明書を買う」ということが必要でした。しかし、最近は多くのレンタルサーバーが「無料SSL証明書」を利用できるようにしてくれてきたので、無料でもSSL化は可能となってきました。

無料のSSL証明書と有料のSSL証明書の違いは?ということになりますが、「暗号化の強度」「サポート」「付加サービスの有無」が上げられます。資金に余裕があれば有料のSSLを検討しても良いと思いますが、まずは安くSSL化したいということであれば無料のSSL証明書を利用しても良いと思います。

今現在、ゆうそうとが把握している無料のSSL証明書が使えるレンタルサーバーは以下の通りです。

さくらのレンタルサーバ

ロリポップ!

エックスサーバー

MixHost

上記のように無料でSSL証明書が使えるレンタルサーバーをお使いであれば、無料でSSL化は可能になります。

ただし、作業は発生します。

WordPressなどをお使いのホームページの場合、SSL化したあとに画像のURLなどを http から始まるもので指定している部分を http に置き換えたり、カスタマイズで設定した項目がデフォルト状態になってしまう場合もありますので、インターネットなどでそれらの問題についてあらかじめ調べたりしてから、作業を行われた方がいいかと思います。

SSL化をするのに、だれかに頼みたいということであれば ゆうそうと が有償にて作業(30,000円~)させていただきますのでお気軽にお声かけください。

お問い合わせください!

ゆうそうとは八王子で小規模事業者・個人事業主、あるいは個人の方向けにWordPressでのホームページ制作、ITに関する相談、トレーニングのサービスを行っています。

ホームページは作ってからが始まりです。お客様が育てることでホームページはどんどんよくなっていきます。ゆうそうとと一緒に効果的なホームページを育てていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です