有効期限が更新されたクレジットカードが届いたら、ドメイン・サーバーのクレジット情報も変更しよう!

ドメイン費用やサーバー費用を自動更新でクレジット払いにしていても、残念ながらクレジットの有効期限が切れると自動更新もできません。

今まで使っていたサーバーやドメインがなくなってしまうのはすごく惜しいので、有効期限が更新されたクレジットカードが届いたら、真っ先にドメインやサーバーのクレジット情報も更新しましょう!

ゆうそうと

昨日までホームページが普通に見えていたのに今日見えなくなった!など、失効日から日が浅い場合は回復できる場合があります。まずはこの記事を見てみてくださいね。

ドメイン・サーバーの更新を忘れると余計にお金がかかったりドメインが取られてしまう可能性があります

クレジットカードの更新を忘れてドメインを有効期限までに更新しなかった場合、ドメインやサーバーを回復するのに余計にお金がかかってしまいます。

例えば.jpドメインの場合、更新期限後19日以内にドメインの回復手続きを行うとに通常のドメイン更新料金(1年:3,500円ほど)回復手数料(税抜6,000円)10,000円ほどかかります。

お金がかかるだけならまだ良く、特にドメインは、回復できる期間を過ぎると、ドメインが誰でも買える状態となります。

ゆうそうと

ドメインが他の人の手に渡ってしまいますので、本当にご注意ください!

回復できる期間はドメインごとで異なりますので、以下からお客様が使用しているドメイン会社の回復期限をご確認ください。

各ドメイン会社のドメイン回復期間の確認

Xserverドメインの場合

ムームードメインの場合

お名前.comの場合

サーバーを更新し忘れたときのお手続き

サーバーを更新し忘れた時の超過期間は各サーバー会社のマニュアルにはありませんでした。
更新できるかどうかの確認方法は以下からご確認ください。

Xserverの場合

mixhostの場合

Conoha wingの場合

ロリポップの場合

さくらサーバーの場合