ホームページで日付を入れるときは「年」をいれましょう

ホームページでイベントや新商品などの発売日などについて書くことがあると思います。そういう場合、かならず年を入れるようにしましょうというお話です。

年月だけの告知はチラシならいいのかなと思うんですがホームページではやめた方がいい理由

イベントの告知で

2月22日(木)15:00~

というような書き方をしているものを今でもわりと見かけます。

「トップページやお知らせで告知しているのだから年とか書かなくても今年ってことはわかるよね~」と言うことだと思うのです。

そこでちょっと考えてみて欲しいのですが、その告知が紙のチラシということであればおいてもらえる場所も限られているのでチラシが置かれている期間はせいぜい数ヶ月、イベントが終われば捨てられて終わりということになると思います。

ですがホームページの場合はどうなるでしょうか?ゆうそうとが作るWordPressで作られたようなホームページは「削除あるいは非表示にしない限りコンテンツはずっと表示されている」ということになります。また、ホームページなのでチラシと違って「検索した結果表示される」ということもあります。とうことはイベントが終わった後も、トップページのお知らせに載っていなくても「その告知ページが人の目に触れる可能性がある」ということになります。

昔のイベントの告知ページなのか、それとも今年のイベントの告知ページなのかということは年が書いていないとすぐにはわかりません。終わったイベントだと気がつかず、申し込みや問い合わせをされる方も多いかと思います。申し込みが必要ないイベントだったりした場合は「終わったイベントの日付を見てお客様が足を運ぶ可能性」も考えられます。

ということで
 
 ホームページの日付には年を入れるようにしましょう!
 (理由:ホームページはずっと残る可能性が高いから)

ということになります。

古いイベント告知のページなんて削除してしまえばいい?

たとえば新製品情報の告知であれば、新製品が発売された後もずっと残っていた方がよいかと思います。しかし、古いイベントの告知のページなんていらないんじゃ?という気もします。

ホームページは一般に「見る人にとって有意義な情報が多くある方がSEO的に有利になる」といわれていますので、コンテンツは多い方がよいということで残しておいた方がいいのではないかなと私は考えます。たとえば毎年行っているイベントであれば複数年分のイベント告知ページがあれば「長いこと定期的にイベントを行っている=信頼できる」ということにつながるかもしれませんし、以前は行っていたイベントを今は行っていなくても、そのページを見た人から「○○というイベント最近は行っていないようですが、もし行うようなら参加したいです」という問い合わせをいただくかもしれません。

そんなときに古い情報の「年」が書いていないと、先ほど書いたように誤解を招いたり無駄足を踏ませる可能性があるので「年」は書いておき、そしてデータとしては表示できるようにしておいた方がいいかなと思う次第です。

お問い合わせください!

ゆうそうとは八王子で小規模事業者・個人事業主、あるいは個人の方向けにWordPressでのホームページ制作、ITに関する相談、トレーニングのサービスを行っています。

ホームページは作ってからが始まりです。お客様が育てることでホームページはどんどんよくなっていきます。ゆうそうとと一緒に効果的なホームページを育てていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA