Chrome68アップデートで「保護されていない通信」と表示されるようになりました

昨年から警告されてきたことですが、2018年7月24日に行われたChrome68のアップデートで、SSL化されていないホームページは「保護されていない通信」と表示されるようになりました。

Chrome68での表示

本日最新のChromeでSSL化されていない(http://で始まるサイト)を見ると、

このように「保護されていない通信」という文字が表示されるようになりました。

「すべてのホームページのSSL化」が進められていることを受けてのアップデートのようです。

自分のChromeではまだそのように表示されていないけど?というとき

私もそうだったのですが、そういえばまだ「保護されていない通信」と表示されないなぁと思って

設定 をクリック

Chromeのバージョンを確認しようとして、

設定 のハンバーガーメニュー をクリック

Chromeについて をクリックしたところ、自動的に更新されて

最新の Chrome になりました。このChrome68バージョンからは非SSL化のサイトは「保護されていない通信」と表示されます。

SSL化が行いやすいレンタルサーバー

ゆうそうとが把握しているところではSSL化が無料で行いやすいレンタルサーバーは

XSERVER、MixHost、ロリポップ

です。これらのレンタルサーバーでまだSSL化していない場合はそれほど大規模のサイトでなければ(おおむね20ページ以下)1万円(税別)でSSL化することができます。また、その他の状態でもお見積もりいたしますので「SSL化したい!」と思われるお客様はゆうそうとまでお問い合わせください。

お問い合わせください!

ゆうそうとは八王子で小規模事業者・個人事業主、あるいは個人の方向けにWordPressでのホームページ制作、ITに関する相談、トレーニングのサービスを行っています。

ホームページは作ってからが始まりです。お客様が育てることでホームページはどんどんよくなっていきます。ゆうそうとと一緒に効果的なホームページを育てていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA